外国為替証拠金取引(FX)の面白いところは、たった一つの金融商品あるにもかかわらず、資金投下の期間を短い・普通・長いの3つの期間からいずれを選ぶのかにより投入の方策が大きく異なる点にあります。まず外貨への投資の「長い期間の投資」に関して詳しく見てみよう。長期投資とは一年以上の投資を想定しているものです。一般的に為替相場で一年も後の為替レートが円高と予測するか、ないし円安になっているかを考えるなんてことは一般的に苦難です。実際のところ、「後々の動きは予測できない」と考えるのが当然のことだからです。予想もできないことを懸命に予言しようとも、そんなことは意味のないことなのです。そのため、外国貨幣を買ったとして、その時の価値よりも円高傾向になったとしても、その損失分は近いうちに元に戻るだろうという軽い気持ちで取り組む必要があります。為替の利益を何が何でも狙うことに限定せず別の差益スワップポイントを上げるというのを一番最初の目当てとしてやりましょう。言うまでもなくちょっとの間で為替変動の為のマイナスがすごく膨らむことがあります。そのことから差損が大きくてもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しに売買するのが必要です。外国為替証拠金取引(FX)は損が決まった金額よりも大きく広がると、追い証(追加保証金)が発生したり、あるいはロスカットを置くことになります。損切りになってしまったらトレードを清算する必要があり、長期の取引は厳しくなります。このようなリスクを抑えるには、レバレッジ2?3倍あたりでトレードするのがベストです。第二に中期投資の場合のトレードを説明します。中期投資の場合は長くても2ヶ月程度後を見越してのやり取りを行うのです。為替の取引のケースでは、約1ヶ月ほど後のことは、おおよそ、想定可能だと思います。G7などのような閣議とか、為替取引で取引している人たちがどのような問題に注目しているのかを確認してみれば、ある程度想定できると思います。この経済の状況を見る一方で、チャートを参照することで為替レートの状態を理解し、売買を見定めるといいと思います。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルの両方とも良い状況であり、または買い傾向が同様の時は、ほとんどその様に動いていくと思って良いのです。そういった時は持ち金を増やすことでより一層高いリターンを受け取れるでしょう。第三に短期のトレードの要点です。この短期のトレードが示しているのは、つまりはデイトレードを示しています。為替相場で日計り取引をする場合、経済の状況は決して関連がないと断言できます。なぜならばあくる日の為替レートの動きに経済の基礎的条件は絡んでいないからです。この場合重要ポイントは大きな事柄があると、それにより為替レートが大きく動くタイミングを狙って行動しましょう。たとえば、アメリカにおいて雇用者の統計が出される、それとも金融政策等によって金利が変動するほどのこと。こうした一瞬の変わり目を見逃さないとのことから、短期スタンスは様々な知識が必須になる。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.