やっと売買する時という段階では始めに事前対策をおろそかにしてはいけません。売買を行う前であるならば出来事を客観的に見ることが出来ます。ところが、いっぺん売買の内側へ立ち入ってしまうと、捉え方が独りよがりになり肝心な時に適切な考え方が出来なくなる。リスクを負います。その分自分の考えが落ち着いているうちに間違いない準備をしておくことが大切なのだ。その準備のためにはとにかく己のシナリオを記す事からスタートする。今後の相場はこうなるだろうからランドを買う(あるいは売る)というふうに、自分だけの台本を書いていきます。次に大切なのはチャートを調べましょう。それまでの為替レートの推移を見て現時点の位置を確認する。そうすれば、「今現在は相当低すぎる水準にある」とか、他には「もうたくさんの方が取引しているからこれから自分かしかけても遅すぎるな」ということが分かってきます。当然、今はもう売買するのがやりようがないと思ったら、何もせず、ここはすっぱりと割り切ることが必要です。どうしてもあなたのシナリオを妥協しないで、割り切らずに新規エントリーすると、外国為替相場にやられて、そればかりか損失を被ることになりかねない。とは言っても多くのケースで事前に準備しているあなたなりのシナリオを書いておけば、仕かけるのが遅いなという状況にはなりません。たぶん、明確に市場が動意する前のはずだからです。その次は、とりあえずは自らがとろうと検討している売買ポジションの変化をきちっと調べる事が大事です。例えばドル高が進むというストーリー展開を書いたのであれば該当する外貨の変動に注意を払っておきます。市場の変化を気をつけ始めた段階ではまだまだ明確に変化する気配を見せることはなく、上や下にちょっとした変化をしているだけでしょう。だけど、その上げ下げをじっくりとチェックしているとある場面でじりじりと、円安の方向へと相場が変化し始めます。この状況で初めてドルの新規注文を出すのだ。おおむね、そこまで計画的に計画を考えておけば、その売り買いで儲ける確率は比較的大きくなります。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.