ここでは為替に関する基本内容に関する話題です。為替取引というものは「目の前で現金の送付をしなくても資金のやり取りの意図をクリアするやり取り」になります。よく為替の市場はたいてい外国の為替のことを示すというケースがほとんどです。国際の為替というものはお互いの国のマネーの換金を示します。海外へ旅行(中国、アメリカなど)などしていれば間違いなく国際為替の体験をしたことがあります。どこかの銀行で違う国のマネーへ取り替えしたらそれはまさに国際の為替なのです。為替相場とは買う側と売る人の価格を意味したものです。銀行のやり取りによって決まってくるものです。それがマーケットメイカーと言われる指定のいくつもの銀行なのです。為替の相場は周りからの働きを受けてもなお継続してリアルタイムに変動して行きます。為替のレートを変動させる動因となるのはファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズというのは経済の動き、経済の基本とかいろいろな要素のことを指すものです。国のGDP成長率や景気状況、物価の水準、金融緩和政策、経常収支、重要人物の一言と言った要素が絡み合って為替相場は変動し続けます。その中でも外国取引の収支や無就業者数は重要ポイントと思われます。国際収支とは何か、日本の中では財務省の言いつけで日本銀行が外国貿易統計を叩き台として取りまとめた異国とのある期のトレードを書いたものです。この統計は中央官庁や日銀のHPなどで開けます。雇用統計、失業率も重要視される項目なのです。ことにアメリカの雇用者の統計は影響します。月一で提示され、検証ねらいが幅広いことが特徴です。為替の変動は経済自体の推移を指しているので。景気の状況を把握することにより為替の相場の変化推測が可能になると言えるのです。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.