外国為替市場の外国為替証拠金取引(FX)を、考えていきましょう。FX(外国為替証拠金取引)のやり方は二種類のお金を売買して二国の通貨の差引額を獲得するとの手順なのです。このような二つのお金の関係で出る差益金額をスワップ金利と呼んでいます。こういったスワップ金利とは、正確にはスワップポイントと呼ばれるようです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)というのは、毎日でも受け取る事が出来ますが、毎日の相場の動き方によってわからないらしいです。こんなスワップ金利を得ることを目当てにFX(外国為替証拠金取引)の為替取引を行っている人もたくさんいるようです。スワップポイントは、取引するFX業者ごとにも違う点があるためほんの少しでも高いFX業者で取引したい所ですよね。とは言っても、スワップポイント(スワップ金利)は為替の相場が変わると一緒に動いてしまうので用心しましょう。同時に、為替取引を行うには図表を読めるのが必須となるのです。こうした図表を見る事で為替トレードの動き方を理解する出来るそうです。為替取引初心者の方が見ると何を表しているグラフですか?のように難しく思うかと思いますが重要ポイントを覚えておくことによってチャートの理解が可能となるそうです。どの辺りから円が上昇する又は下がり始めているとかここで最も円安などとこのグラフのおかげで判断が可能になり為替トレードをするためには非常にためになるものとなるはずです。上記の図表は日本では一般的にローソク足が使われるのが通常でその名の通りローソクの形をした図表で表現されているのです。このローソク足(陰陽足)を使って、高値と安値、かつ終値とか始値などを示していて図の中で様々な形になって行くのです。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.