FXに関しては取引所取引というものがございます。日常的のFX(外国為替証拠金取引)企業とトレードを実行するという行動を「店頭取引」と呼びますがこの取引は取引所を通過させず商いのペアは外為取引会社になるのです。「取引所取引」という取引所は外為取引(FX)企業はとはいっても橋渡し役であり率直の商売パートナーは取引所を意味する事になります。この違いをこの場で少し比べてみます。開口一番「店頭取引」の時は預託してある証拠金はFX業者に調節されています。ところで「取引所取引」の次第、証拠金は全ての額取引所に預け入れしなければいけないと義務づけられております。そうすることによってFX業者がパンクしてしまうというような事柄があっても、取引所取引は取引所によってお金は全金額保護してもらうことになっています。前者のケースは外為(FX)企業が調節しているから、状態を見て会社経営破たんのあおりに及び預け入れていた証拠金は防護されずにいくのかもという可能性があります。その上税金面でも両者については条項に相違があります。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として労賃と加算して届出をせねばいけません。しかし確定申告せず良い場合もありますので、自身に適合するか否か抜かりなく確認してください。仮にアナタがサラリーマンで年俸二千万円以下、給与所得を除いた儲けが二十万円以下(いくつかの会社から賃金所得は無いということ)というようなのような内容を満たしている状態でいるなら例外として確定申告は必要ありません。FX(外国為替証拠金取引)利益が20万円以上の例は確定申告するようにして下さい。税金の率は収益に応じて5%〜40%の六段階に振り分けられていまして、所得が高ければタックスも上がってしまいます。「取引所取引」では、収益があった際には他の実入りとは別で考え「申告分離課税」の対象となってしまいます。税金の率はすべて20%となりますがもしかして損失がはっきりしたなら「取引所取引」の利点として損分を来年以降に先延ばしができるのです。上記のように、「取引所取引」の方が低価格なtaxになる場合もありますので照らし合わせてみた方が良いと思います。中でも不慣れな者の場合、JASDAQ株価の変動や円の動きに毎日注意して、利益や損失にドキドキする事で、税金においての問題を忘れたかのようになることもあるので要注意です。マイナス分は困ってしまいますが、実入りが多くなれば税金に関しても増えるので気を配るのと自覚が重大な点ですね。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.