外国為替証拠金取引に関しての面白さは、単品の投資の商品でありながら、投資期間を「短期」「中期」「長期」という3つの中からどの種類をチョイスするかによって投入のやり方が変わってくるという点にあると言います。外貨に対して投入する「長期スタンス」に関して詳しく見てみましょう。長期投資とは、一年以上の出資を想定しているものです。普通は為替レートで一年以上も経った後の為替レートは円高だろうか、あるいは円安だろうかを予測するなんていうことは、一般的に無理かと思います。現実的には、「そこまで先の変動は予知できない」と思うのが本音なのです。わからないのにがんばって推測しようと努力したところでそれは無謀な行為なのです。ですから他の貨幣を買ったと仮定して、買いレートよりも円が高くなったとしてもそれはそのうち返ってくるはずだというイメージで売買に参加することが必要です。為替差益を何が何でも大きくすることに限らず、別の方法での儲けそれはスワップ金利を大きくするということをまず初めのゴールと決めて出資してみましょう。当然、ちょっとの間で為替変動による損がひどくなることもあります。このためこんな差損に影響の少ないようレバレッジを最小限で抑える心がけはポイントです。FX(外国為替証拠金取引)は、損がある範囲を超えて大きくなると追い証が出て来たりまたはロスカットを置く必要があります。ストップロスになったら直ちに取引を終了することになり長期トレードがダメになります。リスクを抑えるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでやり取りするのが良いでしょう。第二に中期スタンスの売買です。中期のケースでは一番長くても1?2ヶ月程後を見越しての売り買いを行うのです。為替の取引においては、約1ヶ月ほど先のことはある程度先読み可能なケースが多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の世界的なミーティングであったり、為替取引に参加している人たちが何を内容に注視しているかを考えれば、ある程度見当がつくと思います。このような経済の基礎的条件を見つつチャートを確認することによってレートの動向を理解しトレードを見定める方がいいと思います。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジの両方とも良い状態でありもしくはどちらも買い傾向が一致した時は、だいだいそのまま変動すると考えて良いでしょう。その時は保有高を増やせば多額の儲けをもらえるはずです。最後は短期スタンスのポイントです。この短期スタンスが示しているのは、言わばデイトレを指しています。為替市場でデイトレをする際は、経済の基礎的条件はまったく関係ないと断言します。どうしてかというと翌日の為替の相場の変化に経済の状態は反映されないからです。ここでの、一番のコツは目を引く行事がありそれにより為替相場が大幅に動く時を見逃さないようトレードしましょう。例として米国で雇用の情勢が公表される、ないしは金融会議等によって制作金利が動くような出来事。このような瞬間的な変わり様を見過ごさないという理由から、短期のトレードは多種の要素が必要になる。

Copyright © 2002 www.sticky-nuts.com All Rights Reserved.